電話でのお問い合わせはこちら

放射線科Radiology

当院は単純X線撮影・CT・MRI・透視装置・骨密度装置を備えています。

PACS(医療用画像管理システム)を導入し、レントゲン装置・CT・MRI・超音波診断装置・内視鏡などの複数の検査装置からの画像データを保存しています。画像フィルムの持ち運びがなくなり、いつでも診察室や病棟の端末から専用モニターで画像データを診断できるようになりました。

【 単純X線撮影 】

当院ではCR(デジタルX線画像)システムを用いた装置や、さらに低線量で高画質の画像を提供できるFPD(フラットパネル搭載デジタル撮影装置)も使用しています。

【 CT 】

マルチスライス(80列)のCTを導入しています。この装置では数秒の息止めで広範囲が検査可能となり、短時間で撮影する事ができます。
ご年配の方や息止めが困難な方にも負担が少なく検査ができます。

0.5mmの高分解能での撮影により画像再構成ができ、上記のような画像を作成しています。
造影剤の使用により多様な疾患の詳しい診断ができ、高速撮影により下肢動脈検査も可能になりました。それにより血管の3D画像を作成でき下肢動脈血栓などの診断ができます。

【 MRI 】

当院のMRI(0.3T)はオープン型で左右が開放的になっており、検査時の圧迫感が少なくなっているので閉所恐怖症の方にも安心して検査を受けていただけます。
閉所恐怖症の方で検査を希望される方は当院・地域医療連携室までお問合せください。

【 透視装置 】

食道・胃・大腸などのバリウム造影検査から、脊髄造影・関節造影・骨折の整復など整形外科領域の検査・治療なども行っています。

【 骨密度 】

骨密度測定では、骨に含まれるカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分がどのくらいの量あるのかを計測することで、骨粗しょう症の診断と骨折リスクの評価が行えます。このミネラル成分が不足してくると、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。骨密度を測定することは、おもに中高年以上の女性に多くみられる骨粗しょう症の早期発見・早期治療、また治療効果の判定などにも、非常に重要です。

当院では、DEXA法による検査で骨折しやすい腰椎(腰の骨)と大腿骨頚部(股関節の骨)を直接測定し、より重要で正確な診断をすることができます。高精度な一連の検査を短時間(約10分)にて行っております。

骨粗しょう症で治療中の方や閉経後の女性の方は、DEXA法による定期的な骨密度チェックをおすすめします。
ご興味のある方は病院スタッフにお尋ねください。

PAGE TOP